トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

国内学会(シンポジウム,研究会など)

Last-modified: 2018-05-13 (日) 14:08:42 (249d)
Top / 国内学会(シンポジウム,研究会など)

2016年度

  • 谷高竜馬, 福井和広, "手形状空間に基づく指形状識別の検討", PRMU研究会,2016/09/05 - 09/06, 富山
  • 日野英逸, 藤木 淳,赤穂昭太郎,村田 昇, "重回帰を用いた高次局所潜在的次元推定", 第26回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML), 2016/09/05 - 09/06, 富山
  • 日野英逸, "スパースモデリングと正則化回帰", 第35回日本医用画像工学会大会 シンポジウム「医用画像工学におけるスパースモデリング」, 2016/07/21 - 07/23, 千葉大学,千葉
  • 中田令子,日野英逸,桑谷立,岡田真人,堀高峰, "疎性モデリングを用いたスロー地震のインバージョン", 日本地球惑星科学連合大会, 2016/05/22 - 05/26, 千葉

2015年度

  • 日野英逸,赤穂昭太郎,村田昇, "確率質量関数の二次展開とポアソン誤差構造に基づくエントロピー推定", 第24回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML),2016年3月
  • 高野健,日野英逸,赤穂昭太郎,村田昇, "ノンパラメトリックモデルのe混合推定とその応用", 第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015),2015年11月
  • 奈良寧々花,高野健,日野英逸,赤穂昭太郎,村田昇, "非負値行列分解の情報幾何", 第18回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2015),2015年11月
  • 日野英逸, "機械学習の問題意識と問題設定", 2015年電子情報通信学会 知的環境とセンサネットワーク研究会シンポジウム,2015年10月
  • 近藤祐,日野英逸,原一之, "Model Compression の実験的評価 –真のモデルが既知の場合–", 日本神経回路学会2015年度全国大会,2015年9月
  • 加藤利幸,日野英逸,村田昇, "二重スパース性に基づくマルチフレーム超解像", PRMU研究会,2015年6月
  • 日野英逸, "正規モデルとFisher判別モデルを結ぶ正則化線形判別分析", PRMU研究会,2015年6月

2014年度

  • 日野英逸, "機械学習の考え方〜データからの知識発見に向けて〜", 2015年電子情報通信学会 総合大会 知的環境とセンサネットワーク研究会チュートリアルセッション,2015年3月
  • 菊池 優介, 日野 英逸,福井 和広, "距離画像から得られる形状空間に基づく手の形状識別と姿勢推定",CVIM, 2015年3月
  • 吉沼 孝夫, 日野 英逸,福井 和広,"顔面微小特徴点セットの3次元構造に基づく個人認証", PRMU, 2015年3月
  • 日野英逸, "スパースモデリングに基づく点過程データ解析", 東京大学地震研究所 共同利用研究会 「室内実験と数値実験から探る地震活動の物理」,2015年3月
  • 日野英逸,越島健介,村田昇, "単回帰に基づく微分エントロピー推定量", 大規模統計モデリングと計算統計,2015年2月
  • 日野英逸,高野健,吉川佑樹,村田昇, "構造化データ解析のための判別学習 ", スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成 2014年度公開シンポジウム, 2014年12月
  • 千葉智暁,日野英逸,赤穂昭太郎,村田昇, "時間推移する定常分布の潜在構造モデル化 ", 第101回数理モデル化と問題解決研究会(MPS101), 2014年12月
  • 日野英逸,越島健介,村田昇, "確率質量関数の二次展開と単回帰に基づくエントロピー推定", 第17回情報論的学習理論ワークショップ, 2014年11月
  • 日野英逸, "スパースモデリングの基礎", 第17回画像の認識・理解シンポジウム, 2014年7月
  • 高野 健,小林芽衣,日野英逸,村田昇, "マーク付き点過程間の距離計算手法と判別への応用", IBISML研究会, 2014年6月
  • 金田有紀,園田翔,日野英逸,村田昇, "複数粒子フィルタとモデル選択を用いたEEGデータの電流ダイポール推定", IBISML研究会, 2014年6月
  • 樋口翔,日野英逸,龍野正美,村田昇, "重み付き有向グラフモデリングによるスパイクデータ解析", NC研究会, 2014年6月.

2013年度

  • 樋口翔, 野田淳史, 日野英逸, 村田昇, "スパイクデータ解析のためのグラフ構造モデリング", 信学技報 NC2013-14, vol. 113, No. 111, pp. 145-150, 2013年6月.
  • 日野英逸, 藤木淳, 赤穂昭太郎, 望月義彦, 村田昇, "データ対の直線性に基づく画像上の類似度の定義 〜 歪曲画像からの直線検出への応用 〜", 信学技報 PRMU2013-24, vol. 113, No. 75, pp. 29-34, 2013年6月.
  • 山崎 泰幸,溝口 博, 福井 和広, "Vision Switchの実現に向けた被注視検知の基礎検討", 信学技法 PRMU2013-18, vol.113. No. 63, pp.1-6, 2013年5月.

2012年度

  • 田中 陽土 , 高林 大輔, 瀬戸山 浩平, 大川 泰弘, 加藤伸子, 福井 和広, 岡崎彰夫, "Kinectを用いた指文字練習システムにおける識別処理の検討", 第096回ヒューマンインタフェース学会研究会, pp.29-34, 2013年3月.
  • 瀬戸山 浩平, 高林 大輔, 田中 陽土,大川 泰弘, 加藤伸子, 福井 和広, 岡崎彰夫, "Kinectを用いた指文字練習システムにおけるリアルタイムフィードバック表示の検討", 第096回ヒューマンインタフェース学会研究会, pp.35-40, 2013年3月.
  • 福井和広, 大川泰弘, 加藤伸子, 岡崎彰夫, "複数視点からの画像を用いた手形状識別", 信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-85, pp. 59-64, 2013 3月 (招待講演).
  • 高林大輔, 大川泰弘,瀬戸山浩平,田中陽土,加藤伸子,岡崎彰夫,福井和広, "フィードバック機能を備えた指文字練習システムの試作",信学技報, vol. 112, no. 483, HIP2012-90, pp. 79-84,2013年3月.
  • 松本清吾,福井和広,”3Dモデル探索のための形状アラインメント”, 信学技報, vol. 112, no. 441, PRMU2012-136, pp. 37-42, 2013年2月.
  • 野坂龍佑,福井和広, "生物画像処理における画像特徴抽出の事例紹介",バイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ2012, 2012年11月.
  • 高林大輔, 福井和広,"手形状の多視点距離画像を用いた個人認証", SSII2012, IS1-12, 2012年 6月

2011年度

  • 田路 賢太郎, 瀬戸山 浩平, 大川 泰弘, 加藤 伸子, 岡崎 彰夫, 福井 和広, "手形状CGを用いたAdaboostによる指文字の認識", WIT研究会, 2012-3
  • 瀬戸山 浩平, 田路 賢太郎, 大川 泰弘, 加藤 伸子, 福井 和広, 岡崎 彰夫 "画像認識を用いた指文字練習システムにおけるビジュアルフィードバック方法の提案, WIT研究会", 2012-3
  • Sarah Martull, Martin Peris, Kazuhiro Fukui,"Realistic CG Stereo Image Dataset With Ground Truth Disparity Maps", PRMU, 2012-2
  • 高木雅武, 福井和広,"パーティクルフィルタを組み込んだ分離度Snakeによる微生物の輪郭追跡", PRMU, 2012-2
  • 大川 泰弘, 福井 和広,"超球面白色化変換に関する提案とその応用 〜 正準角に基づく識別法の性能向上 〜",PRMU2011-92, pp.25-30, 2011-10.
  • 野坂 龍佑, 大川泰弘, 福井 和広,"Local Binary Patternの隣接関係に基づく照明変動に頑健な特徴抽出", PRMU2011-69, pp.75-80, 2011-09

2010年度

  • 児玉吉晃, 小林 匠, 大津展之,福井和広,”時空間正則化を用いた正準相関分析による部分マッチング法”,PRMU 110(414), 99-104, 2011年2月 .(PRMU研究奨励賞)
  • 田路賢太郎, 大川泰弘, 加藤伸子, 福井和広, "指文字認識システム構築における手形状CGを用いた学習", 信学技報 WIT, 8月
  • 秋廣 直紀,福井 和広,"混合相互部分空間法の提案とその顔画像識別への応用", MIRU2010,7月
  • 丸山 直人, 福井 和広, "状況認識を目指したテニスシーンにおける動作解析", SSII2010 6月
  • 野坂 龍佑, 福井 和広, "高次局所自己相関特徴を用いたじゃんけん勝敗判定システム", SSII2010, 6月

2009年度

  • 秋廣 直紀, 福井 和広,”混合相互部分空間法の提案とその物体認識への応用”,PRMU 3月.
  • 大谷 悠祐, 福井 和広, "頭部姿勢を考慮したパーティクルフィルタによる高精度な瞳追跡", SI2009 12月.
  • 五十嵐 洋介, 大川 泰弘, 北川 景介, 福井 和広, "カーネル非線形直交相互部分空間法に基づく顔認識システムFReSKの試作", SI2009 12月.
  • 大谷 悠祐, 福井 和広, "眼球の位置と姿勢を考慮した顔向き変化に頑健な瞳追跡", 信学技報, Vol.109, No.344, PRMU2009-136, pp.13-18, 2009.
  • 五十嵐 洋介, 福井 和広, "形状部分空間の関係に基づく物体認識と顔画像認識への応用", 信学技報, Vol.109, No.344, PRMU2009-135, pp.7-12, 2009. [pdf]
  • 児玉 吉晃,福井 和広, "ベクトル長を考慮した相互部分空間法に基づく動作認識", 信学技報, Vol.109, No.182, PRMU2009-61, pp.7-12, 2009. [pdf]
  • 五十嵐 洋介, 福井 和広, "因子分解法から得られる形状空間に基づく3次元物体認識", 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU) 2009, IS3-25, 2009. [pdf]
  • 児玉 吉晃,福井 和広, "多視点動画像を用いた異常動作検出", SSII2009.
  • 大谷 悠祐, 福井 和広, "頭部モデルを考慮したパーティクルフィルタによる瞳追跡", SSII2009.
  • 北川 景介, 福井 和広, "ステレオパターンの統計学習に基づく移動ロボット視覚", 信学技報, Vol.108, No.374, PRMU2008-201, pp.71-76, 2009. [pdf](PRMU研究奨励賞)

2008年

  • 大川 泰弘, 福井 和広, "非線形カーネル直交相互部分空間法を用いた背景変動にロバストな手形状識別", 信学技報, Vol.108, No.363, PRMU2008-164, pp.99-104, 2008.
  • 北川 景介, 福井 和広, "ステレオ視差パターンの統計学習に基づく移動ロボット視覚", MIRU2008. [pdf]
  • 呉 嘉寧, 福井 和広, "局所部分空間集合を用いたアンサンブル識別に基づく3 次元物体認識", Subspace2008, pp.9-14, 2008. [pdf]
  • 大川 泰弘, 福井 和広, "カーネル非線形直交相互部分空間法に基づく手形状識別", 画像センシングシンポジウム SSII2008, 2008. [pdf]
  • 石川 貴志, 平藤 雅之, 福井 和広, "画像識別特徴量のネットワーク転送とそれに基づく状況認識システムの試作", 情報処理全国大会, 2008. [pdf]
  • 新垣 仁, 福井 和広, "多視点画像による類似形状を有する3次元物体の高精度識別の検討", 信学技報, Vol.107, No.539, PRMU2007-269, pp.151-156, 2008. [pdf]