トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

トピックス

Last-modified: 2018-05-13 (日) 14:08:42 (249d)
Top / トピックス

Topics

2011年

2011/11/20野坂さんが "Feature Extraction Based on Co-occurrence of Adjacent Local Binary Patterns" と題してPSIVT2011でポスター発表しました.
2011/10/25大川さんが国際ワークショップIWCST2011で研究成果を発表しました.
2011/10/07大川さんが"超白色化変換に関する提案とその応用 -- 正準角に基づく識別法の性能向上 --"と題して,PRMU研究会で発表しました.
2011/09/27大川さんが "Image-set based Hand Shape Recognition based on Camera Selection Driven by Multi-class Adaboosting" としてラスベガスで開催されたISVC2011 でポスター発表しました.
2011/09/05野坂さんが"Local Binary Patternの隣接関係に基づく照明変動に頑健な特徴抽出"と題して,PRMU研究会で発表しました.
2011/08/31野坂さん,大川さん,福井先生の論文"Feature Extraction Based on Co-occurrence of Adjacent Local Binary Patterns"がPSIVT2011に採択されました.
2011/06/28大川さん,Chendraさん,福井先生の論文 "Image-set based Hand Shape Recognition based on Camera Selection Driven by Multi-class Adaboosting" がISVC2011 に採択されました.
2011/06/16大川さん,Chendraさん,福井先生の論文 "Fast Combined Separability Filter for Detecting Circular Objects" が国際会議MVA2011の Best Poster Award に選ばれました.
2011/05/28三上さんがNTTCS研での研究成果をまとめた論文”メモリベースパーティクルフィルタ:状態履歴に基づく事前分布予測を用いた頑健な対象追跡”が平成22年度電子情報通信学会 喜安善市賞および論文賞を受賞されました.おめでとう御座います.当研究室では本成果も含めたこれまでの業績を博士論文としてまとめられます.
2011/05/19産総研の小林さん, 大津先生にご指導頂いた,児玉さんのPRMU研究会論文"時空間正則化を用いた正準相関分析による部分マッチング法"が,平成22年度PRMU研究奨励賞を受賞しました.当研究室では平成20年度の北川さんの受賞に続く2回目となります.
2011/04/14秋廣さん,福井先生の論文,"混合相互部分空間法の提案とその顔画像識別への応用"が信学会論文誌に採録されました.
2011/04/06福井先生が研究科から教育貢献賞を授与されました.
2011/03/31大川さんがICT-SA ソリューション型研究開発プロジェクト/特別プロジェクトの研究成果が評価され,専攻長表彰を授与されました.
2011/03/31野坂さんが,優秀成績を評価されて情報学群長表彰を授与されました.
2011/03/28五十嵐さん,福井先生の論文,"形状空間の幾何学的な関係に基づく3次元物体認識"が信学会論文誌に採録されました.
2011/03/22研究室が復旧いたしました.研究を本格的に再開します.
2011/02/21福井先生がHIP研究会にて,”複数視点画像の分布形状に基づく手形状認識”と題して,招待講演を行いました.
2011/02/19大川さんがコンピュータサイエンス専攻公開にて,ICT-SA ソリューション型研究開発プロジェクト/特別プロジェクトの研究成果の一例として,”能動的な照明制御に基づく 指文字認識の高精度化”というタイトルで研究紹介を行いました.
2011/02/18児玉さんがPRMU研究会にて,"時空間正則化を用いた正準相関分析による部分マッチング法"と題して発表します.産総研の小林さん, 大津先生にご指導頂いた成果です.
2011/02/08知能ロボット研究室と技術交流会を開催しました.その後は懇親会を開催して楽しいひと時を過ごしました.油田先生,坪内先生,ロボット研の皆さま,ありがとう御座いました.
2011/01/29福井先生がバイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ2011にて、多視点画像認識の生物画像解析・認識への展開と題して研究紹介を行いました.
2011/1/1新年あけましておめでとう御座います.本年度もよろしくお願い致します.研究室一同

2010年

2010/12/28福井先生が核融合科学研究所で開催された2010「画像科学」シンポジウムにて多視点画像に関する研究紹介を行いました.
2010/11/12ACCV2010(ニュージーランド)で五十嵐さんが,"3D Object Recognition Based on Canonical Angles between Shape Subspaces"と題してポスター発表を行いました.
2010/11/9Subspace2010で秋廣さんが,"Compound Mutual Subspace Method for 3D object recognition: A theoretical extension of Mutual Subspace Method"と題して発表を行いました.
2010/10/29理科大の溝口先生,東大先端科学技術研究センターの矢入先生,各研究室の学生さんと研究交流を行いました.矢入先生から,”動的システムのモデル学習の最新動向”,M2上甲さんから,”部分空間同定法の混合モデルのアライメント”に関する研究をご紹介頂きました.当研究室からも博士学生を中心に4件の研究紹介を行い,有益な研究交流ができました.夕方からは懇親会を開いて楽しい一時を過ごしました.
2010/10/21東芝研究開発センター マルチメディアラボラトリーの柴田智行さんが,”計量学習を用いた最近傍識別器”と題して研究紹介いただきました.興味深い研究の紹介,ありがとう御座いました.
2010/10/05スペインからの国費留学生Peris-Martorell Martinさんが来日されました.
2010/09/24東大國吉・原田研と農工大清水研の7名の学生さんと研究交流を行いました.皆様,興味深い研究紹介,ありがとう御座いました.午後からは産総研に移動して,大津ゼミにて,國吉・原田研の博士1年,金崎朝子さんと農工大清水研の博士1年,安部文子さんに研究紹介して頂きました.夕方からは懇親会を開いて楽しい一時を過ごしました.皆様,お疲れ様でした.
2010/09/22秋廣さんと福井先生の論文,"Compound Mutual Subspace Method for 3D object recognition: A theoretical extension of Mutual Subspace Method"がSubspace2010に採択されました.
2010/9/04五十嵐さん,福井先生の論文,”3D Object Recognition Based on Canonical Angles between Shape Subspaces”がACCV2010に採録されました.739本の投稿に対して採択率は29.7%でした.
2010/8/04田路さんが,”指文字認識システム構築における手形状CGを用いた学習”と題して,信学会WIT研究会で発表しました.
2010/7/30MIRU2010若手プログラムで松川さんが,なるほど! ザ・部分空間法というテーマでグループ発表しました.
2010/7/29MIRU2010で秋廣さんが,"混合相互部分空間法の提案とその顔画像認識への応用"と題してオーラル発表+ポスター発表しました.説明を聞いて頂いた方,議論して頂いた方,ありがとう御座いました.
2010/7/26部分空間法研究会2010に,秋廣さん,松川さん,福井先生が参加しました.部分空間法研究会は盛況でした.主催者の一員としてご参加頂いた皆さんに感謝いたします.引き続き,MIRU2010(7/27-29)に参加します.
2010/7/18福井先生がロンドンに出発しました.目的はロンドン大学のProf.Tom Fearn and Lecture Dr.Jinghao Xueと共同研究について議論するためです.大川さんもイタリアからロンドンに移動して議論に参加します.
2010/7/09大川さんがコンピュータビジョンに関するサマースクールICVSS2010に参加するためにイタリアに向けて出発しました.
2010/6/18ロンドン大学のProf.Tom Fearn and Lecture Dr.Jinghao Xueが当研究室に到着されました.これから10日間,相互部分空間法の統計的な側面について色々と議論を楽しみます.
2010/6/11SSII2010で丸山さん,野坂さん,松川さんがそれぞれ研究成果を発表しました.
2010/5/11Subspace2010が開設されました.
2010/4/30部分空間法研究会2010 (Lectures on Subspace 2010)サイトが開設されました.
2010/4/15渡辺さん(物材研/日本女子大),高橋さん(日本女子大)と光相関による画像認識について,物材研にて議論を行いました.
2010/4/7他大学からの高木さん,田路さんが当研究室に加わりました.
2010/4/7インドネシアからの国費留学生 Chendra Hadi Suryanto さんが,研究生として当研究室に加わりました.
2010/4/7産総研の栗田研の松田さん,嶋田さん,松川さん,村山さんが当研究室に合流されました.
2010/4/2H22年度のメンバーリストを更新しました.
2010/3/25学内ソリューション型研究開発プロジェクトの一貫として進めていた "高精度リアルタイム顔認識システムの構築(PJ代表:大川,メンバー:北川,五十嵐)"が優秀プロジェクト賞を受賞しました.
2010/3/25産総研 大津フェロー, 産総研 藤木さん,NTT CS研 石黒さんが,研究室にお見えになり,技術談議を交えた楽しいひと時を過ごしました.お越し頂きありがとう御座いました.
2010/3/16秋廣さんが,"混合相互部分空間法の提案とその物体認識への応用"と題してPRMU研究会で発表しました.
2010/3/9日本女子大の高橋さん,渡辺さんが研究室を訪問されました.共同研究の可能性について議論しました.
2010/2/24筑波大技術大の岡崎先生,加藤先生,田路さんと指文字認識システムに関する共同研究について議論しました.田路さんからは合成画像を用いた指文字認識システムの学習に関する研究を紹介頂きました.
2010/1/1あけましておめでとうございます.本年もよろしくお願いいたします.今年はメンバーが大幅に増えて20名近くになる予定です.研究室一同

2009年

2009/12/25大谷さんが,"頭部姿勢を考慮したパーティクルフィルタによる高精度な瞳追跡"と題してSI2009で発表しました.
2009/12/25五十嵐さんが,"カーネル非線形直交相互部分空間法に基づく顔認識システムFReSKの試作"と題してSI2009で発表しました.
2009/12/17大谷さんが,"眼球の位置と姿勢を考慮した顔向き変化に頑健な瞳追跡"と題して,PRMU研究会で発表しました.
2009/12/17五十嵐さんが, "形状部分空間の関係に基づく物体認識と顔画像認識への応用"と題して,PRMU研究会で発表しました.
2009/11/27大和日英基金の支援を受けて,Department of Statistical Science, University College Londonと制約相互部分空間法の理論に関する共同研究を開始することになりました.
2009/11/24明日(25日)から国際ロボット展が始まります.当研究室は人物認識モジュールとカメラ雲台制御モジュールを組み合わせて,特定人物をリアルタイムで追跡するデモ展示を行います.理科大の溝口研究室と合同で出展します.場所は東3ホール入口入ってすぐのNEDOブースです.是非お立ち寄りください.
2009/11/17理科大に奈良先,阪大,筑波大の各グループが集まり,国際ロボット展(一般公開は11/25-28)に向けたデモリハーサルを行いました.(渡辺,北川,大川,福井が参加).当研究室の研究成果はNEDOブース(奈良先グループ)で展示します.皆さん,是非ご来場ください.
2009/11/10東芝研究開発センターの岡田さんが研究室を訪問され,各メンバーが研究紹介を行いました.貴重なコメントを頂き,感謝申し上げます.
2009/11/10国際ロボット展(11/24-28)に向けて理科大で打ち合わせを行いました.(渡辺,北川,小山が参加)
2009/10/22東芝研究開発センターの西山さんが研究室を訪問され,各メンバーが研究紹介を行いました.色々なコメントを頂き,ありがとう御座いました.
2009/10/21理科大で国際ロボット展に向けた打ち合わせを行いました.(渡辺,大川,小山,福井が参加)
2009/10/11筑波大の学園祭の研究企画(ソリューション型研究開発プロジェクト中間報告会)で,カーネル非線形直交相互部分空間法によるリアルタイム顔画像認識システムをデモ展示します.(PJ代表:大川,メンバー:北川,五十嵐)
2009/9/25アデレード大のSuter先生が当研究室を見学されました.大川さんと福井先生が研究を紹介しました.
2009/9/2大川さん,北川さんが博士後期課程,小山さん,丸山さんが博士前期課程に合格しました.加えて,外部からも3名の方が合格されました.皆様,おめでとう御座います.
2009/9/1姜さんが研究生として当研究室に加わりました.
2009/8/31児玉さんが,"ベクトル長を考慮した相互部分空間法に基づく動作認識"と題して, PRMU研究会で研究発表しました.
2009/7/22五十嵐さんが,”因子分解法から得られる形状空間に基づく3次元物体認識”と題してMIRU2009でポスター発表しました.
2009/7/15筑波技術大の田路さんが博士前期課程に推薦で合格しました.おめでとう御座います.
2009/6/12大谷さんが,"頭部モデルを考慮したパーティクルフィルタによる瞳追跡"と題して,SSII2009でポスター発表しました.
2009/6/11児玉さんが,"多視点動画像を用いた異常動作検出"と題して,SSII2009でポスター発表しました.
2009/5/20大川さんが,「Hand Shape Recognition based on Kernel Orthogonal Mutual Subspace Method」をMVA2009でポスター発表しました.
2009/5/12北川さんが,電子情報通信学会PRMU研究会の研究奨励賞(お知らせ)を受賞することになりました.
2009/2/16大川さん,福井先生の論文「Hand Shape Recognition based on Kernel Orthogonal Mutual Subspace Method」がMVA2009(May 20-22)にacceptされました.
2009/1/16新垣さんがPSVIT2009で「Classification of similar 3D objects with different types of features from multi-view images -- An approach to classify 100 Apples --」と題して発表します.
2009/1/12PRMUで,北川さんが,「ステレオパターンの統計学習に基づく移動ロボット視覚」と題して発表します.

2008年

2008/12/18PRMU(熊本)で,大川さんが,「非線形カーネル制約部分空間法に基づく背景変動に頑健な手形状識」と題して発表します.
2008/12/13ICPR2008(米フロリダ)で,呉さんがオーラルセッションで「Multiple View Based 3D Object Classification Using Ensemble Learning of Local Subspaces」と題して発表します.
2008/12/2福井先生,大川さん,北川さん,渡辺さんが知能化PJのTV会議に理科大溝口研にて参加しました.会議後には溝口研メンバーへ各自の研究紹介を行いました.
2008/10/3PSIVT2009に,新垣さん,福井先生の論文 「Classification of similar 3D objects with different types of features from multi-view images -- An approach to classify 100 Apples --」が採録されました.
2008/9/24東芝の風間さんがSpursEngine?を用いた最新の画像認識技術について紹介されました.
2008/7/30MIRU2008で北川さんが”ステレオ視差パターンの統計学習に基づく移動ロボット視覚”と題してポスター発表しました.
2008/7/28部分空間法研究会Subspace2008で,呉さんが”局所部分空間集合を用いたアンサンブル識別に基づく3次元物体認識”と題して発表しました.
2008/7/23日本女子大小舘研究室を訪問し,光演算器の画像認識への応用について議論しました.
2008/7/18北川,渡辺,児玉がRTM講習会に参加しました.理科大溝口研,筑波大相山研と共にデジタルヒューマンラボで阪大から中継映像を視聴しました.
2008/7/2都市エリア研究成果活用研究会で,福井先生が多視点画像認識について研究紹介を行いました.
2008/6/30ICPR2008に呉さん,福井先生の論文が,オーラルで採録されました.
2008/6/13大川さんが画像センシングシンポジウム(SSII2008)で発表します.
2008/5/29学内のグループウェア研究室(葛岡研)と技術交流会を開催します.3L307 14:00-18:00
2008/4/28早稲田大の特別研究員,市野さんが,非線形相互部分空間法に関する研究について講演されます.3F815 15:00-
2008/3/13石川貴士さんが情報処理全国大会で,「画像識別特徴量のネットワーク転送とそれに基づく状況認識システムの試作」と題して発表します.
2008/3/10新垣さんが,PRMU研究会にて「多視点画像による類似形状を有する3次元物体の高精度識別の検討」と題して発表します.
2008/3/3呉さんが,機械学習のサマースクール MLSS2008(3/3-14,オーストラリア)に参加します.
2008/2/29当研究室メンバーが奈良先端大へ訪問し,木戸出研,小笠原研と研究室交流を行いました.
2008/2/21PRMU研究会終了後に当研究室の研究紹介を行います.
2008/2/7福井先生が秋葉原で開催される都市エリアPJ成果報告会で成果報告を行います.

2007年

2007/12/21SI2007で大川泰弘さんが講演発表を行います.
2007/12/6福井先生が,茨城県工業技術センターで都市エリアPJの「県内企業向け成果説明会」で成果紹介を行います.
2007/11/19ACCV2007で福井先生がポスター発表を行います.
2007/11/18Subspace2007で李析さんと福井先生が講演及びポスター発表を行います.
2007/9/19SICE2007で李析さんが講演発表を行いました.
2007/8/1MIRU2007(第10回画像の認識・理解シンポジウム)で呉嘉寧さんがポスター発表を行いました.